【住まいの知恵】-壁紙-

カテゴリー:

Onepoint_01
部屋の中で一番面積が広いのは、壁と床面です。材質や色を少し変えるだけで、お部屋のイメージはガラリと変わります。中でも壁材は、バリエーションが豊富。インテリア性だけでなく、様々なニーズに合わせて選びましょう。


壁紙

壁紙の発祥は中国だと言われています。宣教師がヨーロッパに持ち帰り、その後印刷技術により、大量生産されるようになりました。現在でも、一番多く使われている壁材でしょう。

何より安価ですし、リフォームも簡単です。素材は紙、布、ビニールetc。最近では、健康に配慮して、天然素材や非塩化ビニール系、水性インクを使ったものも増えています。

珪藻土壁紙

人気の珪藻土ですが、塗り壁だと、どうしても高価になってしまいます。この壁紙ならとってもお手軽。紙の表面に珪藻土をすきこんであり、施工も簡単です。

月桃紙

沖縄などに自生する月桃という植物から作った壁紙です。食品や漢方薬にも使われる植物ですから、身体にとても優しい素材です。

不織布

繊維の柔らかい風合いを楽しめます。汚れにも強く、お子さんやペットのいるご家庭には最適です。

自分で張り替えるときは?

張り替えなら、厚手のものを選びましょう。下地に多少凸凹があっても気になりません。

柄を選ぶときには、あまり大ぶりなものは避けた方が懸命です。部屋のサイズに柄を合わせるときに、無駄な部分が多くできてしまい、コストが上がります。