【住まいの知恵】理想の住まいへの道

カテゴリー:

どうすれば、住みやすくておしゃれな部屋になるんだろう・・・とお悩みの方も少なくないはず。
まず大切なのは、今の住まいをいろんな角度からチェックし直してみることです。

① みんなの生活チェック

家は家族みんなが過ごす場所。みんながどんな風に部屋を使っているのか、生活スタイルを分析してみましょう。家族全員が住みやすいインテリアを目指すには、このチェックが欠かせません。

09071
■家の中で一番長く過ごす場所は?
■家の中で一番嫌いな場所は?
■家の中で一番好きな場所は?
■一番大切な家具は?
■好きな色は?

答えをまとめると、家族の好みや生活が見えてきます。
たとえばキッチンで過ごす時間が一番長いのは誰か、ってことがわかれば、その人の好みを優先してキッチンのインテリアや色のテイストを決められますよね。


② テイストチェック

「シンプル・トラディショナル」

伝統的な和や、民族的なデザイン。自然素材を多く使ったインテリア。

「シンプル・モダン」

直線や幾何学的なデザインが基本。カジュアルな雰囲気。北欧風のインテリアもこの傾向。

「トラディショナル・デコ」

ヨーロッパの伝統的な装飾デザインなど。重厚でゴージャスな雰囲気。

「モダン・デコ」

ミッドセンチュリーなどの個性的な色彩や形。色遣いも多く、遊び心たっぷり。

③家具の配置をチェック

統一感はある?

家具の素材、色調、高さや奥行きが統一されていないと、イメージもゴチャゴチャになってしまいます。
統一しにくい時には、ロールスクリーンで目隠しすればスッキリ。

視線をさえぎってない?

家具で視線をさえぎられてしまうと、部屋が狭く感じられてしまいます。庭やベランダまで視線が抜けるように心掛けてみましょう。家具を低めにすると、部屋は広く感じられます。

空間はちゃんと確保してる?

狭い部屋を広く感じさせるには、空間を多めにとることが大切。奥行きの少ない家具を選んだり、大きな家具はなるべく壁際にまとめましょう。床面に対して、家具が占める面積は、3割までが理想です。