【住まいの知恵】洗濯ネットですっきり!

カテゴリー:

Clcl072s_2 お洗濯の際、衣類の生地が傷まないように利用する洗濯ネット。最近では、入れたい衣類に合わせて様々な形やサイズのものがあります。通気性がよく、中が見えるといった特性があるので、少し発想を変えれば、収納グッズとしても大活躍します。


形、サイズいろいろ

毛布用の大型から、下着用などの小型まで、大きさは大小様々。 形もスタンダードな角型から、筒型、最近ではフットボール型なんかもあります。 100円ショップでもいろんな種類が揃っていて、お手軽です。


アイデア★1
【洋服箪笥すっきり!隙間で帽子収納】

Sen1 クローゼットの中で意外とスペースをとっていて、取り出しにくいのが、帽子。 洗濯ネットに小さめの粘着フックを付けて、箪笥などの裏に張り付けましょう。 洗濯ネットは、帽子の大きさに合わせたものを選び、ファスナーを下にしておけば、出し入れも楽々です。


アイデア★その2
【デスクまわりすっきり!文具も備品も片づく】

Sen2 デスクまわりの文具や備品は、いつの間にか増えてダブっていたりしますよね。 こんな文具類は、机の上からなくして収納してしまいましょう。 洗濯ネットを使って収納しておけば、中が見えるので、いざ使うときも探さなくてすみます。


アイデア★その3
【キッチンすっきり!調味料や小型の食器が片づく】

Sen4 家の中で小物が多いのがキッチン。 お料理好きな人は、調味料などを沢山そろえてしまい、整理整頓に苦労することも。 また、食器類も数が増えると、収納が難しくなりますよね。 塩、コショウ、、スパイスなどのビン類、ワサビやカラシといった小型のチューブ類などは、洗濯ネットに入れ、冷蔵庫のドアポケットや水屋の側面にS字型の粘着フックを取り付けたものにつるします。お客様用小皿やお椀などの食器は、ブラジャー用の円筒型ネットを使って、カップとソーサーを1客ずつ収納しておけば、取り出しが楽になりますよ。


アイデア★その4
【お風呂場すっきり!子供のお風呂玩具が片づけられる】

Sen3 >お風呂場で収納に困るのが、子供のお風呂用玩具。濡れているものを通気性の悪い場所に押し込めると、カビが生えたりして不衛生です。こんな時は、大きめの洗濯ネット収納してみてください。壁には吸盤でくっつくフックを取り付け、ここに洗濯ネットをつり下げます。ネットですから通気性が良く、晴れている日はそのまま洗濯竿につるして日光に当て、衛生的に保つこともできます。


収納に洗濯ネットを利用する、という視点で暮らしを見直してみると、まだまだみなさんいろんなアイディアを思いつくはず。ご自分の暮らしにあった「洗濯ネット収納術」を編み出してみてください