【住まいの知恵】ライフスタイル別片付け

カテゴリー:

Image 主婦の永遠の悩みとも言えるのが、住まいの片付け。 いくら綺麗に片付けても、ちょっと気を抜けば、家族がちらかして元のもくあみに・・・・。
 それでもやらないわけにはいかないお片づけなら、楽に効率的にこなしていきましょう。

 今回は、ライフスタイル別に分けて考えてみましょう。


 専業主婦

◎一日のタイムスケジュールを作る!

Sct076bs

時間に縛られないのが、専業主婦ですが、時間が自由に使える分、ダラダラ時間を浪費しがち。 そこでおすすめなのが、片付けの時間を決めること。
 たとえば、「午前中の1時間」と決めると、その間に完了するために、テキパキこなせます。


 テキパキ片付けのコツ

 (1)普段着はたたまない

 シワが気にならない普段着は、たたまないで各人用のカゴに入れるようにします。

 (2)シンクに洗剤液を張って食器洗い

 食事が終わったら、シンクには洗剤液を張ります。
 家族には、食器をシンクに入れるよう頼んでおけば、汚れ落ちが早くなります。


 パートタイマー

 ◎思い切って、便利なマシンやサービスを活用!

Image4

 働いてるとはいえ、フルタイムじゃないから、夫の協力もいまいち・・・・。
 そんな方におすすめなのが、家事を便利にしてくれるマシンやサービスの利用。


 (1)食器洗い機、浴室乾燥機

 食べ終わったら食洗機に入れるだけ。 食器の片付けはラクラクです。 浴室乾燥機があれば、お天気を気にせずお洗濯できますから、洗濯物も早く片付けます。

 (2)クリーニング店で収納も

 クリーニング店には最近、着ないシーズンの洋服を預かってくれるサービスがあります。
 着終わったシーズンの洋服をそのまま預けておけば、収納スペースを空けられますから、お部屋の片付けもラクチンに♪


 フルタイム勤務

Image5

 お仕事優先で、なかなか時間がとれないのがフルタイムで働いている方。
 最近では、男性も家事を分担してくれますから、思い切って頼ってみましょう。


 (1)忙しい平日は「ちょっと片付け」で見た目を綺麗に

 トイレや洗面所、お風呂などは、使った後にちょっと抜いておきます。
 洗濯物や散らかりがちなアイテムも、とりあえず大きなカゴに放り込んでおきます。

 (2)時間がある休日は「集中片付け」でまるごと綺麗に

 週末にはまとめて集中片付け。 夫や家族と分担して、しっかり掃除と整理整頓。