【住まいの知恵】窓や壁を傷めないコツ

カテゴリー:

1201d_3 長く住んでいると、どうしても傷んでくる住まい。 中でも窓や壁は面積が大きいだけに、傷や汚れがつきやすく、しかも目立つので困りもの。

そんな窓&壁のケアについて、ご紹介します。 ひどくなる前にケアすることで、きれいさを保つことができます。


【窓編】ピカピカ窓には金運を呼び込む効果も!

1201j 風水では、窓が曇っていると金運を逃す、と言われています。 ものごとが曇って見えてしまうので、判断を誤りがちになるのだとか。

 窓をいつもピカピカに保つことで、金運を呼び込みましょう。


 ☆クリーナーは「Z」の字を描く

 窓ガラスをきれいに保つコツは、汚れをためないこと。 いったんこびりついてしまった汚れは落ちにくいので、こまめに拭くようにしましょう。

 市販のスプレーやクリーナーを使うと簡単です。 コツは「Z」字を描くように吹きつけること。

 凹凸のあるガラスは、ブラシやたわしを利用してください。

 ☆網戸は雨水で洗う

面倒な網戸洗いは、雨を利用すると簡単です。 雨が降りそうな日に、薄めた台所用洗剤を含ませたぞうきんで軽く拭き、あとは雨が当たるベランダや庭に出しておけばOK。

 ☆サッシは水鉄砲やハケを使う

1201b 意外に汚れがたまるサッシ。 高圧洗浄機が便利ですが、なければペンキ用のハケや、子どもの水鉄砲でもほこりや汚れを取り除くことができます。

 角に詰まった汚れは、爪楊枝や竹串を利用しましょう。


 ☆カーテンは丸洗いが便利

 最近のカーテンには、丸洗いOKのものが増えているようです。 まずは、表示を見て確認します。 丸洗いOKなら、フックをはずして折畳み、ネットに入れて洗濯機へ。

 洗いあがったら、手で軽くシワを伸ばしてカーテンレールに干しましょう。 カーテンの重みでシワが伸び、干す場所もとらないので一石二鳥です。

 【壁編】 クロス?しっくい?・・・ケアは素材ごとに

 ☆クロスの汚れは消しゴムで

1201e_2 壁紙についた小さな汚れは、消しゴムで落とします。 汚れていないきれいな消しゴムで、あまり力を入れずに、ゆっくり静かにこすってください。

クロスがはがれた場合には、木工用ボンドを水で薄めたものを塗って貼り直します。 お手入れ後に防水スプレーを吹きつけておくと、汚れを防ぐことができます。


 ☆しっくい壁は食パンで

1201f_2 しっくい壁についてしまった汚れは落としにくいもの。 水や洗剤は絶対にNGです。 軽い汚れなら、食パンの白い部分でこすってみてください。

 パンに汚れが付着して、壁の汚れが目立たなくなります。 それでも気になるときは、サンドペーパーで薄く削り落とします。


 ☆ぽろぽろ落ちる砂壁は洗濯ノリで

1201i じゅらくなどの砂壁は、古くなってくるとボロボロと落ちてくることが。 そんなときは洗濯ノリを薄めてスプレーします。

 15倍くらいに薄めた洗濯ノリを霧吹きで吹きかけ、乾かします。 これを3回程度繰り返すと、砂が落ちにくくなります。